VOL.3 NAIKA MC

 

今回のSPインタビューは  

VOL.3としてNAIKA MCさんをゲストに迎えました。

<SPインタビュー リンク>

VOL.7 MC正社員(2014/11/18)

VOL.6 晋平太 (2012/11/21)

VOL.5 G.O (2012/6/17)

VOL.4 チプルソ (2011/12/13)

VOL.3 NAIKA MC (2012/01/28)

VOL.2 晋平太 (2011/12/13)

VOL.1 MC 正社員 (2011/12/08)

 


 

 

VOL.3のゲストはNAIKA MCさんです!

 

今回はUMB2011準優勝者にゲストでお越しいただきました。

NAIKAさんのこれまでをUMBの話を中心に、

ラッパー NAIKA MCの軌跡と現在(いま)を届けられればな、と思います。

 

さっそくですがインタビューをスタートさせていただきます。

 

 

フリスタ.com×NAIKA MC SPインタビュー


取材日 2012/01/21

インタビュー:フリスタ.com

 

 

――簡単な自己紹介からお願いいたします。

「群馬県をRepしてるNAIKA MCです。ESPERANTO RECORDINGSっていう地元のレーベルで夜光性POSSEとしても活動しています。」

 

――UMB2011本戦では決勝戦で晋平太さんに敗れはしましたが、準優勝でした。

「夢見れたんですけどね。でもあれは明確な差だったと思います。あれは晋平太の方が強かった。だから諦めもつきましたね。でも”おめでとう”と”残念だったね”がセットに来るというのは、この立場にならないとわからない悔しさでした。」

 

――歴代の準優勝者を並べてもわかるように凄いことなんですけど、頂点に近い分そう感じますよね。

「確かに実際に歴代準優勝者並べてみると、漢、カルデラビスタ、BESY.A.SNONKEYFEIDA-WAN(敬称略)で、NAIKA MC。…いいラインじゃないのって思います()」

 

―― UMB2011については後程たっぷりお聞きしたいと思います。ではNAIKAさんがフリースタイルを始めたきっかけっていうのは?

「ラップをやるきっかけとなったのがそもそもフリースタイルでしたね。

それこそクラシックと言われるものを聴き漁っていて、ECD、スチャダラパー、NANJAMANBUDDHA BRAND…とここでは挙げきれないくらい。

そんな当時よく通っていたカラオケBOXで、遊びの延長でフリースタイルすることになったんですよ。きっと笑いが起こるんだろうなって思ってやってみたら、友達に『お前できてるじゃん』って言われて。それがきっかけですね。そこで『俺ラップできるのかも』って自信が湧いてきたんですよ。気が付いたら公園で仲間と延々とラップしたりして、一気にのめりこんでいきました。」

 

NAIKA MCのラップを始めたきっかけはフリースタイル
NAIKA MCのラップを始めたきっかけはフリースタイル

 

 

――ではその後MCバトルにも出るようになったのは自然な流れでしたか?

「いや、すぐにはMCバトルしなかったですね。というのもフリースタイルから離れていた時期があったんですよ。それは一度ライブを用意された時に、自分でも引くくらいに出来が良くなくて()そこでライブはフリースタイルと違うということに気が付いて、リリックを書くために勉強し始めました。それこそ輪入道が『リリックで覚えらんねぇんだよ!』って言ってた気持ちが、今でも凄いわかるんですよね。あいつはそれで貫いてるけど、俺は一回挫折してリリックを書くようになったんです。そこからはライブがメインでしたね。でもそしたら面白いもので、今度はフリースタイルが出来なくなるんですよ。あれどうやってたんだっけなぁって()」

 

――そうだったんですか。

「はい。だから当時後輩にいきなりサイファーでふっかけられても最初は返せなかったんです。でもそれが悔しくてフリースタイルをまたやり始めましたね。そしてその後輩にDISられたのもあって、仕返しじゃないですけど、もう一回MCバトルでやってやるよって事でそいつが出るバトルにエントリーしました。」

 

――ではそれからMCバトルに参加するようになっていったんですね。

「それが2005年に行われた足利BBC APPEAL MC BATTLEっていう大会です。それの第1回に出て、初めてのMCバトルだったんですけど結構勝ち進んで、決勝でカルデラビスタと戦って準優勝したんですよ。それまで自分が生きてきて、どんな小さなものでも準優勝を取ったのは初めてで。だから本当に嬉しかったし、そこからMCバトルにも火が付きましたね。

そして半年後の第2回大会で優勝したんです。もうそこですね、病み付きになっちゃったのは。大事なことって、人より1ミリでも自信をつけることだと思うんですよ。それはたった1ミリでもいいから。でも自信つけることって結構難しいじゃないですか。何かで証明されない限り、何かで努力が報われない限り、自信って身につかないものだから。でもあの優勝がそれを満たしてくれたんです。あと俺の中の“青春パンチライン”のひとつに、中学の体育教師が言った『勝って反省、負けて感謝』っていうのがあって。優勝したことで謙虚な気持ちにもさせてくれたんですよね。もうそこから得るものが大きくて、病み付きになりました。それ以降はバトルがとにかく面白かったですね。」

 

足利の決勝で戦ったカルデラビスタがUMB初代王者に
足利の決勝で戦ったカルデラビスタがUMB初代王者に

――なるほど。ちなみにちょうどその後にカルデラビスタさんはUMB2005の王者になっていますよね。

「そうですね。あの優勝を見た時はぶちあがりましたよ。

自分が出会った人が日本一になったっていう所にまず、興奮しました。あのカルさんのフリースタイルにはみんな魅せられたと思うんですけど、そのうちの1人でしたね。あとカルさんが目の前で勝ち上がっていく姿に感動して、フリースタイルって人を感動させることもできるんだなって思いました。」

 

――続く2006年からUMBに出るようになりましたよね。しかし予選ではあと一歩の所(2006年水戸予選ベスト4・仙台予選ベスト82008年水戸予選ベスト4・新潟予選準優勝、2009年新潟予選ベスト4)で代表を逃してきました。振り返るとどうですか。

「振り返ると、いろいろありますね。2006年はとにかく一旗揚げてやろうっていう気持ちでした。その年のUMBでドタマやTKと仲良くなりましたね。でも2つとも予選で負けてしまって。実はそこで一回挫折するんですよ、気持ちが。

だから翌年2007年はUMBと距離を置いたんです。その1年間はUMBに本当は興味あるんだけど、興味ない振りをしていました。でもその年末にフリースタイルをしない一年を振り返ってみたら、すごく物足りなかったんですよ。全然濃くなくて。そこからフリースタイルを俺自身もまた欲しだしましたね。」

 

 

その時のブレス式(リンク)
その時のブレス式(リンク)

――続く2008年と2009年では新潟予選であと一歩の所でした。

2009年はUSUくんに叩かれたんですよね。これはブレス式にも載っているんですけど、『去年も新潟来て、あやうく新潟の代表になるって所だったから、今年ここで叩かないとなめられるから全力で行った』って終わった後に、話してくれたんですよ。そして『今日の結果も高崎でやってたらわからない』って。」

 

――そういった経緯もあり2010年にやっと、準予選ですがUMB高崎(群馬)予選が決まりましたね。

「この時は本当に圧倒的なプレッシャーを受けて。みんなの空気が『お前しかいない』みたいな感じだったんです。でもバリバリの緊張感でまさかの二回戦負けっていう(苦笑)

その後宇都宮予選でもKTSROに負けて。2010年はもう嫌々でしたね。プレッシャーに勝てなかったんですよ。草バトルは勝てるけど、UMBでは勝てないっていう状態がこの年まで続いていました。」

 

 

――そんな状態が続いたとおっしゃいましたが、2011年は念願のUMB本戦出場を決めました。何か要因はありましたか?

6月に呼ばれた戦慄MC BATTLEで優勝できたのが大きかったです。

決勝が蝦夷だったんですけど、『これかな』って所を見つけられましたね。韻だけじゃなくて、どれだけ相手の畑で勝負せずに、どっちが主導権掴むかをちゃんと見極めることの重要性を学んだというか。しかもそれまでは黄猿とかACEに絶対勝てないと思ったんですよ。あの日はそういう若いやつに揉まれて、結果を残した事で1ミリ以上の自信がつきましたね。」

戦慄MC BATTLEVOL.18 若いMC達との戦いの末に『何か』を見つけたという (決勝:蝦夷戦)

 

 

――そしてUMB2011群馬予選で結果も出しました。

「この時も正直出るにあたって、やっぱりプレッシャーが凄かったです。周りからも『今年こそ行ってくれ』という風に言われていましたし。確かに結構危なげなく勝てていましたけど、ベスト4CUTE君との試合はバチバチでした。

そして決勝が弟だったんですけど、まさか俺も弟が上がってくると思ってなかったです。弟もフリースタイルがすごい好きで、UMBも必然的にすごい好きなんですけど、弟の時は絶対負けないって気持ちでしたね。」

UMB群馬予選優勝後フリースタイル 念願の代表の座につく

 

 

――本戦までの3か月間、それに向けて何か取り組んでいたことはありますか?

「地元のバトルに出たり、UMB東京予選に行ったり、いろんな所で磨いたり刺激を受けたりはしていたんですよ。でも本戦の3日前にCLUB ROCを借りて、集中的にスパーリングして追い込んだのが一番大きかったですね。ESPERANTO RECORDINGSをはじめたくさん来てくれて、いろんなやつらとやりあったんですよ。

例えば先攻はどうするのか。後攻には強いけど、先攻の時はどうやって勝つのか。先攻での勝ち方は何が俺に合っているか。みんなに見てもらいながら、かなり突き詰めてやりましたね。俺がひたすら先攻をやり続けて、毎試合判定して、アドバイスくれて…。

本戦ではその効果がめちゃめちゃ出ました。」

 

――なるほど。やはりUMB本戦には特別な意気込みはありましたか?

「もちろん、ようやく行けたからにはただじゃ転ばない精神で望みましたよ。ゲン担ぎに前日カツまで食べて()」

――初戦はGOLBYさんでしたね。

GOLBYってわかった時は終わったかなって思いました ()」

――そうだったんですか?

「俺に無いもの全部持ってるんですもん。東京予選でも晋平太を韻でねじ込めたのを見て、凄く強いのもわかってたから。ただの押韻じゃなくて、リズム感押韻、ひねりの韻、さらにパンチラインも持ってるしね。本当に韻をうまくはめこんでいて、理想のMCだなぁって思っていたんですよ。でもステージで自分の名前を呼ばれた時に腹が決まりましたね。あとは先ほど言ってた効果が出たんだと思います。」

 

 

旧知の仲であるドタマと準決勝で激突
旧知の仲であるドタマと準決勝で激突

――そこから流れを掴んで勝ち進みましたよね。準決勝では昔からよく知るドタマさんとの戦いでした。

「ドタマとはつくづく縁があるなぁって思いましたよ。初めて行った大会で一番衝撃を受けたのもドタマ、バトルの現場でも何か事ある毎にドタマ、あの日舞台裏で延々と一緒に話していたのもドタマ。俺が群馬代表になった時には自分のことのように喜んでくれたし、東京予選でドタマが優勝した時は二人で抱き合って…。そんな関係を築いてきたやつと、決勝を目指してふたりで戦うのかって思うと凄く嬉しかったですね。あの勝負は実際にやっていて楽しかったですよ。8小節4本だけじゃなくて、10本したいくらい。

勝敗に関しては、もうあれは二人揃ってコントにしてどっちが落ちを言うかっていうレベルだったと思います。」

 

 

UMB2011本戦 決勝のカードは晋平太 vs NAIKA MC
UMB2011本戦 決勝のカードは晋平太 vs NAIKA MC

――決勝は昨年度王者、晋平太さんでしたね。

「あの日は誰が晋平太を止めるんだっていう状況でしたからね。このエピソードを話すのは晋平太がかっこよくて悔しいんですけど()

…実は東京予選の前に二人でスタジオ使ってスパーリングしたんですよ。そこで終わった後にお互いの総評をし合って、あいつに言われたんですよ。

NAIKAの後攻の切り返しは怖いよね。韻じゃないし。パンチライン構成だから一発が凄いでかい。だから俺はお前を後攻にしてやるのは、正直ちょっと嫌かな』って。それを俺は覚えていて、なのに決勝であいつがじゃんけんで勝った時に、ちょっと考えて、『先攻行くわ』って先攻取ったんですよ。だからあいつは、俺が後攻だと苦手っていうのをわかっているのに、決勝のあの舞台でもう一回自分の勝負に挑んだんですよね。

悔しいけどあの時自分でドボンしたのも覚えていますし、最初にも言いましたけどあれは晋平太の方が強かったです。」

 

――今回の経験から得られたものって何かありましたか?

「あそこ行って帰ってくると、ちょっと変わるものありますね。一回戦で負けてもわかるやつはわかるだろうし。その順位によってそれぞれ得られるものはあると思います。」

 

 

 

――なるほど。話は変わりますが、ラッパーとして意識していることはありますか?

「ラッパーって人間味だと思うんですよね、ほんとに。もし最終的にスキルが剥がれ落ちて、ヴァイブスが剥がれ落ちて、良いところも悪いところも剥がれ落ちて、ボロボロのところも見えるようになってきたら、そいつの人間性がマイクに映ると思うんですよ。

だからカッコいいやつは本当に最後までカッコいいですからね、散り際も勝ち際も。それはこれまで他のMC達に教えられた事だし、自分のMCを見て言ってくれる人もいるし。けどラッパーはそこに尽きるなぁって思うんですよ。

どんなにスキルがあっても唯一勝てないものが、人間性。

逆に負けたら人間性の否定なのかっていうと、そうではないんですけどね。それはわかるやつにしかわからないと思うんですけど、ラッパーは人間性かな。」

ラッパーは人間性だと語るNAIKA MC。彼が言うからこそ、この言葉には力がある
ラッパーは人間性だと語るNAIKA MC。彼が言うからこそ、この言葉には力がある

 

 

――そしてフリースタイルの時はどんな事を意識していますか?

「どこまでその話を広げられるかと、どこまでその話に付き合わないかっていう見極めを意識しています。二人でラリーをどれだけできるかっていう部分ですね。お互いどっちらけの試合はつまらないですから。テニスで言うなら綺麗なラリーに綺麗なスマッシュ、それといきなり手元でボールが変わるような変則的な小技もあって。俺の場合はストレートが多いから、ラリーの後のストレートが決まるかが肝ですかね。

それと安い試合をしないこと。ひとつの勝ちのために、明らかに作られたような安いラインを出さないようにしています。これは音の乗り方が良ければまた別だとも思うんですけど。ラッパーにとってビートが骨でリリックは血だと思っていて、だから血を通わせるためのリリックには常に気を付けていますね。」

 

――注目しているMCはいますか?

R指定とチプルソ。これは関東圏内じゃないから余計にね。実際に二人とも本当に巧いし、華があるし、礼儀もしっかりしてる。晋平太のインタビューも読んだんですけど、フリースタイルを進化させたっていうのは本当にその通りだと思う。あのハメ込む感じね。大阪はレゲエが強いから、もしかしたらラバ・ダブに近いノリなのかな。そういう畑で育ったのも関係しているのかなって思います。

それとSKY-HI。ストリートで悶々としているMC達って常に何かに負けたくないアンチ感があるわけじゃないですか。その矛先はやっぱり俺たちと正反対な世界でやっているアイドルになると思うんですよ。けどAAAのアイドルステージでやってて、実際にラップ聴いていてもうまいし、声もいいし、見てくれもいいし。それでバトルも強かったら、もう認めざるを得ないですよね。俺の中では華やかな世界とストリートの世界の間を繋いでるMCとしても彼の存在には注目していますね。

あと肉切り包丁。彼のパンチラインは本当に破壊力絶大()音源が聴いてみたいですね。」

 

 

 

――現在のバトルシーンに何か思うことってありますか?

「先ほどの話にも繋がりますけど、若手が育ち始めてきて、若い子たちがMCバトルを一段落上げていった年だったなって思いますね。本当に菊丸とかリズムの刻み方超いいし、返しもうまいし。R指定もそうだし。特に去年のUMBはそうでしたよね。この何年もその県の看板を背負ってきたMCが若い子にバシバシ譲りましたから。だから俺なんて完全にオールドルーキーですよね。UMBでもベテランって見られるようになったし。

そんなバトルシーンに思うことは、俺らみたいなMCがさらに必要になるようなシーンであってほしいですね。というのも新しいものができるからこそ、古いものが上にいて、それを壊す姿勢の中に生まれるパワーっていうのが絶対にあって。そういう常に下から上を狙うみたいな部分は、HIPHOPの根底にあると思うんです。」

 

――それは本当にそうですね。

「あと驚いているのは、もはやMCバトルだけ出ているMCもいるんですよ。ライブはやりません、曲はつくりません、バトルだけ出ますっていう。もはやそこまでの文化になってしまったんだなってことに凄さを感じますね。Fruit Ponchiの女性口説きMCバトルがageHaで行われるレベルにまでなって…。要は一つの企画が膨れ上がってるわけですよね。だからMCバトルが持っているポテンシャルって、まだまだ底が知れないなって思います。」

 

――今年もMCバトルについては出続けますか?

「バトルに関しては今年もUMB含めて出ます。

単純に好きだからって気持ちもあるけど、俺もあそこまでいけたんだから、他のMCにも俺に勝って自信にしてもらいたいっていう面でも出なきゃいけないなっていう気持ちが大きいです。もちろん主軸はこれからもライブで、あくまでバトルは1つの方法なんですけど。そういった意味でもなるべくバトルは出ていきたいですね。」

 

――今後の活動について決まっているものはありますか?

「今確実に決まっているのは今年秋口くらいにファーストソロアルバムを出します。夜光性POSSEの方で音源の口火は切っているんですけど、今回はNAIKA MCとしてのアルバムになるので、是非チェックしてください。」

 

――要チェックですね。どんなアルバムになりそうですか?

「俺の頭の中割ったらこんな感じですっていう事ですね。自分自身いろんな喜怒哀楽を感じて生きているわけじゃないですか。その中でも良い所もあって、悪い所もあって、強い所もあって、女々しい所もある…。そういうものを表現して人間味のあるアルバムになればいいですね。そのリリースが今年の大きな所です。」

 

――秋が楽しみですね。今後も応援しています。本日はお忙しい中ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

今回のインタビューでもいろんな方、

そしてもちろんNAIKA MCさんの全面協力で実現することができました。

この場を借りてですが、本当にありがとうございます。

 

そして記事でも触れましたが、今年初のソロアルバムのリリースがあるようです。

収録予定の曲も聴かせていただきましたが、期待していいと思います。

下にまとめてあるNAIKA MCへのリンクも是非活用ください。

 

フリスタ.comのSPインタビューには今後もどうかご期待を。

既に次回のゲストは決まっております。

アンテナを張っている方はもうお気付きかもしれませんね。

 

そして今回のインタビュー記事についてtwitterにてRTして頂いた方には

NAIKA MC直筆サインをプレゼント致します。

 

前回同様、抽選で大切にしてくださりそうな方2名にお送りします。

 

今後もどんどん面白い企画を実現していきますので、

少しでも応援していただければ、幸いです。      

(2012/01/28)

 

Tweet This!  

 

 

-END-



YOUTUBE 音源紹介


 

 


CD紹介

 

NAIKA MC所属 夜光性POSSEの1st Album(画像クリックで通販へリンク)
NAIKA MC所属 夜光性POSSEの1st Album(画像クリックで通販へリンク)

『Midnight Walker / 夜光性POSSE』

 

1.Midnight Walker

2.夜光中毒

3.Travering Wordz

4.GAME

5.Ya Know My Steez

6.Insistence

7.Foot Print

8.Party&Bulllshit!!

9.Saturated Sense

10.No Music No Life