VOL.2 晋平太

 

今回のSPインタビューは

バトルMC第一弾として晋平太さんをゲストに迎えました。

<SPインタビュー リンク>

VOL.7 MC正社員(2014/11/18)

VOL.6 晋平太 (2012/11/21)

VOL.5 G.O (2012/6/17)

VOL.4 チプルソ (2011/12/13)

VOL.3 NAIKA MC (2012/01/28)

VOL.2 晋平太 (2011/12/13)

VOL.1 MC 正社員 (2011/12/08)

 


 

 

VOL.2のゲストは晋平太さんです!

 

バトルMC1弾はなんと唯一のB-BOY PARKUMB2冠達成者、日本一のバトルMC

晋平太さんです!!

数々のMCバトルで優勝してきた晋平太さんにMCバトルについて今回はたっぷり語って頂きました。

必見です。

 

さっそくですがインタビューをスタートさせていただきます。

 

 

 

 

フリスタ.com×晋平太 SPインタビュー

 

取材日 2011/12/04

インタビュー:フリスタ.com

 

――ではまず最初に晋平太さんの簡単な自己紹介からよろしくお願いします。

「晋平太です。MCをしてます。RUDECAMP RECORDSというレーベルの運営もしております。」

 

――MCバトルに初めて出たのはいつ頃でしたか?

「たしか2001年のB-BOYPARK ですかね。18とか17で出たんですけど、ちゃんとキャリアを始めたのと同時ぐらいだったと思います。KREVAが最後に優勝した年なんですけど、玉露さんもいましたね。俺はさりげなく本選まで行ってました()

 

B-BOY PARK MC BATTLE
B-BOY PARK MC BATTLE

――その時のフリースタイルバトルはどんな風に捉えていましたか?

「一年に一回の腕試しみたいな感じですかね。昔はバトルは一年に一回しかなかったんで、普段はライブをやりまくって、バトルで腕試し、みたいな。だから今みたいにフリースタイルしかしていない奴はいなかったですね。フリースタイルの練習なんてしたことなかったし。周りのラッパーもそうでしたね、フリースタイルは自然とできるモノなんで。それは今と結構違うと思いますよ。サイファーとか全然なかったし。」

 

 

――フリースタイルはある意味“特殊能力”くらいの感覚だったんですね。

「そうですね。俺はそう思ってやっていましたね。だから『特殊能力だけで勝ってるでしょ』っていう漢くんとか般若くんとか、そういうMCが好きですね。」

 

――晋平太さんはそのB-BOY PARK 2005年に優勝されて、バトルは一時引退されました。

「昔のフリースタイルはもう一回名前売っちゃったらあんまり固執するものじゃなかったんですよ。だから、みんな辞めたしね。特に昔は一回勝ったら次勝つのは難しかったし、本当に売名行為のためだけにやっていたので。もう勝ったから終わり、みたいな感じですね。」

 

 

――しかし2009年にUMBMCバトルに復帰しました。きっかけはあったんでしょうか?

「いや、きっかけは特にないです。もうそれ以外にやることがなくなったっていうだけですね。売れなくなったし、営業の仕事も減ったし、もうこのままじゃ俺はラッパーとして消えていくだけだなと思って。そしてその時に、昔一番得意とされていたフリースタイル、もう最後に何かやるとしたらこれしかないなっていうだけでした。

本当は凄い嫌でしたけどね。」

 

 

――なるほど。では復帰するときには相当な覚悟が必要だったと思うのですが…。

「そうですね。やっぱり俺はB-BOY PARK2005年に優勝したからこそ、その後ラッパーとして人生を歩めたわけで。その唯一持っていた勲章を自分から捨てるようなものでしたから。もう一度勝てれば輝けるかもしれないけど、相当な覚悟が要りましたね。」

 

 

――2009年はUMBに向けて何か準備して挑んだんですか?

「いや、ほとんどしてないです。どんなルールかもわかってなかったしね()

フリースタイルなんてラップうまいやつが勝つだろうと思ってましたから。だけど実際は全然違った()

でもね、メシアくんとの試合はいい勝負だったと思いますよ。

お互いに自然にやってるラップで、ああいう勝負で負けられたから次に繋げられました。」

 

 

――その2009年を経て、2010年は最初から優勝という目標を掲げました。

2010年はもう、はじめの段階から絶対勝つしかないなと思って挑んでいました。だからもう最後の賭けですよね、ラッパーとして。勝てなきゃ終わるだろうし。

でもね、やっていくうちに勝敗だけじゃなくて、どんどんつながる人も増えていきましたね。勝てたから言えることかもしれないですけど。でも今思うと無謀でしたよね()」

 

「もう一度BATTLEで優勝したい=UMB優勝」という晋平太の夢を追った企画「はじめの一歩」byばりさんぶらんど

 

 

――それこそ確率としては0.1%への挑戦だったわけですからね。最初の頃は負けることも多かったと思うんですが、その時はどういった心境でしたか。

「そうですね、『一歩ずつ近づいて行ってるんだ』って自分に言い聞かせていましたね。2009年に負けて、甘くないのはわかっていたんで、UMBで優勝するには一歩一歩行くしかないと思ってました。もちろん負けた時は超悔しかったし、眠れなかったし、『もう出ていく必要あるのかなぁ』って本気で考えましたけど、それを楽しんでいる自分もいました。

毎回毎回バトルの経験を自分の体の中に刻んでいって、いずれ勝つようになっていく事を信じてましたね。」

 

――2010年の途中からは多くの大会で勝てるようになったんじゃないですか?

「実際に夏過ぎてくらいからだいぶ勝てるようになりだして、その流れで東京予選と本戦に臨めたので、それはよかったなって思います。

特にダースレイダー主催の8人選抜MCバトルで、初めてPONYと決勝をやって優勝できた時に『あ、こういうことなのかな』っていうのを久しぶりに思い出せたんですよ。あれはかなり大きかったです。」

 

本人曰く感覚を取り戻せたバトル 決勝でのPONY戦

 

 

 

――感覚を取り戻したんでしょうか。

「そうかもしれないですね。あの“楽しめる感覚”に戻れれば、だいたいの奴には勝てるかなと思うんですよ。ですけど、それを自ら失ってしまうことも多くて…。

自分で知識とかいろんなものを日々詰め込むわけじゃないですか。それでどんどん自分の能力を重くしてしまうんですよ。本当は自然に出たやつが一番強いし、それがフリースタイルなんですけどね。

個人的には2005年みたく、特殊能力みたいなとこに戻った方がいいのかなって思ってます。」

 

優勝時の晋平太。その目には込み上げるものがあった。
優勝時の晋平太。その目には込み上げるものがあった。

――それで2010年はUMB本戦で優勝しました。率直な感想はどうでしたか?

「運が良かったと思います。本当にうれしかったです。

あと最後までついてきてくれた”ばりさんぶらんど”、そして応援してくれたみなさんにはすごく感謝しています。」

 

――その模様を収録されたDVD『0.1%』、私も拝見させていただきましたが、こういったDVDって今までなかったですよね。

「そうですね。HIDADDYのひとり旅とも別物ですし。

一人に焦点を当てて、ドキュメントみたいにしたらもっと面白いんじゃないかなっていう構想はあったんですよ。本当は2005年のB-BOY PARK優勝したときのDVDをいつか出したいなって思ってたんですけど、映像がなくて。ないなら自分でやろうかなぁ、と。」

 

【晋平太×ばりさんぶらんど『0.1%』】は初のMCバトルドキュメントDVD
【晋平太×ばりさんぶらんど『0.1%』】は初のMCバトルドキュメントDVD

 

――新しい試みでしたよね。

「人がやったことないことをやりたいっていうのは思っていて。それがやれたら一番いいじゃないですか。今もこうやってUMB連覇を誰もしたことないから挑戦しているわけで。前回もUMBB-BOY PARK両方を誰も獲ってないから挑みましたし。」

 

――根っこはそういう部分なんですかね。

「人から全然求められてなかった時に、思ったんですよね…。ラッパーなんてたくさんいるし、それこそUMB には1000人出てる。CD買う人だってその中の誰のCD買ってもいいわけじゃないですか。だったら俺自身が価値のある人間にならないと買われないんじゃないかなって。

さっき言ったみたいに人のやったことのないことをやってたら、人とちょっと違うじゃないですか。大したことじゃないんですけど。そういうのがラッパーには必要なんじゃないかなって。もちろん違う考えの人もいると思いますが、俺はそう思いましたね。」

 

最新ALBUM『REVENGE』
最新ALBUM『REVENGE』

――そうだったんですね。あと晋平太さんの音源にはMCバトルで培われたものも存分に感じられました。

「“はじめの一歩”をやっている段階で、自分の中で第三者的な視点が出てきて。

『どうしたら面白いだろう』とか、『もっとこうしたら話が続いて見える』とかを考えるようになりました。それをアルバムでも出したかったんですよ。俺のこれまでのストーリーを踏まえて、アルバムに繋げる時、『じゃあどんな人間を入れたら面白いかな』とか。やっぱりR指定とは、今やるのが一番フレッシュって考えて。

D.D.Sも去年のUMBで少しでもチャンスを掴めた者同士っていう意味で、兄弟じゃないですけど、そういう気持ちで入れましたね。」

 

――なるほど。

「あとやっぱりフリースタイラーは俺も例外じゃなく、『作品がダサい』とか言われがちなんですよね。それはたぶん作品がダサいんじゃなくて、フリースタイルがかっこよすぎるからなんだと思うんだけど…。でもそれをわかってもらえていないジレンマっていうのはもちろん自分の中にもあります。

だから越えたいですね。D.D.S とかR指定だって作品もやばい、っていうのを見せたかった。さっきも言ったように俺は両方できる奴の方が好きですし。そういう意味では漢くんはそれの神様みたいな人ですよね。フリースタイルあれだけかっこいいのに、音源の方がかっこいいんじゃないかっていう。あの人みたくはなかなかなれないですよ。」 

 

晋平太もリスペクトするMC漢
晋平太もリスペクトするMC漢

 

 

――少し話は変わりますが、その漢さんは今年の東京予選で晋平太さんとやりたかったって言っていましたよね。

「本当に光栄なことですよね。俺が今、『持っているもの全部ぶつけさしてもらっていいですか』って言えるラッパーはバトルに出ている中ではもう、漢くんしかいないんで。

あとはICE BAHN。本当はFORKくんとやりたかったんだけど、俺も負けちゃいましたからね。

本当は俺も経験したい…、FORKくんとも漢くんとも真剣勝負でやりたい。

でもあと一歩のところでやれていないんですよね。

だけどいつかバトルであたった時は引導を渡してあげたい。彼らが死ぬほどかっこいいのは物凄くわかるから。その役目をできるのは俺だったのになぁって思うと、悔しいんですよね。俺もいつかあのレベルまで達したいですよ、フリースタイラーとして。そして超えたいですね。」

 

 

――晋平太さんも物凄いレベルに到達してるじゃないですか。実際に日本一も獲られていますし。

「俺はたぶん日本で一番うまくはないですよ、フリースタイル。巧さでいったら、まぁ5番目くらいじゃないかなぁと思います。一番では決してないけど、勝負強さでいったら結構しぶといとも思うよ()それはたぶん昔の経験を積んで、この目で見てるからじゃないかな。それだけなんじゃないですかね、俺にあるのは。」

 

 

――いや、実際に今年の東京予選でも2010年よりも進化してて、"NEXT LEVEL"に行ってるって思いましたけどね。

「そうですかね。…けどあの予選は進化の方にとらわれ過ぎましたね。そういった意味ではすごく反省してます。今年は『進化させなきゃな』っていう気持ちが先行してしまいました。『情熱で勝つよりは技かな』って。けどさっきも言ったように考え過ぎました。余計なものを身に付けすぎましたね。だから一番大事なものが欠けていた。俺が見せたいのはああいう自分じゃないですし。だけどそれがわかっただけでも でかいですね。だから今ならもうちょっと面白い試合が出来るんじゃないかって思っていますよ。」

 

――毎回毎回バトル後に課題を見つけて、進化させたりしているのは本当にすごいです。それも晋平太さんの特長ですよね。

R指定もしてますよ。チプルソもしてると思うなぁ。

『自分の悪いところを直そう、相手のいいところを吸収しよう』って意味では、R指定が一番俺と近いんじゃないのかなって思いますね。チプルソはちょっと違う気がする。彼は物凄く強いけど、自分の内にあるものをすごく磨いている。まぁ勝つためにあいつも相当色々考えているだろうなぁ。」

 

 

 

――ちなみに注目してるMCはいますか?

R指定ですね。みんなそうでしょ() 」

注目するMCには昨年UMB本戦にて晋平太本人とも熱戦を繰り広げ、既に2年連続UMB大阪代表を決めているR指定

 

 

 

――R指定さんを選ぶ理由って何かありますか?

「彼が久しぶりにフリースタイルを進化させましたよね。それはもう全ての側面において。

そういう人って絶対必要で、KREVAがスタイルをつくったように、漢くんがスタイルを壊したように、もう一度R指定が何かをつくったでしょ。

あいつが“基準”となるような仕事をしたと思います。

それはもう歴史的な事なんじゃないかな。

きっと俺とかFORKくんはそれはできていないよ、たぶん。

R指定はスキルとか、バトルの仕方を久しぶりに一段階上にあげたよね。それは見ていて思いましたね。その枠に俺も入ったしね。『そこに入れてくれよ』っていう気持ちだったし。昔の人はKREVAを初めて見たときに、きっとそう思ったんですよね。俺は漢くんを生で見てそう思ったし。

もちろんR指定だって特別なものを持っていましたけど、最初からできていたわけではなくて、それをどんどんレベルアップさせているっていうところが一番、アイツが基準になる理由ですよ。これ褒めすぎかなぁ()」

 

――(笑)

「まあ俺なんかより全然偉大な事をやったと思います。だけどそれが形になるかどうかは彼がビッグバトルで勝つかどうかにかかるとは思うんですよ。だからそれを形に表して欲しいですね、俺としては。でも、一人のMCとして同じとこに出たらもちろん負けたくない。それにこうしてお互いを知ったうえで、もう一度戦ってみたいですね。

まあとにかく、彼が一番誉められるべき所はそういう所なんじゃないかなと思います。」

 

――たしかに今年のR指定さんの注目度は高いですよね。

「そうだね、今年はあいつが一番かな。でも、かわいそうな事だけどね。結構他のひとにはわからないプレッシャーもあるだろうし。」

 

――そうかもしれませんね。

「俺もね、正直さっきの東京予選がダメだったっていうのは、2005年は勝ってから逃げちゃったじゃないですか。だからそれを正面から受け止めるというのがどういうことかわかっていなかったんですよね。実際に受け止めきれてなかったと思う。

ぶっちゃけ東京予選負けて帰って…ちょっとホッとした。情けない話ですけどね。

カルデラビスタにも東京予選始まる前は『俺はお前の見た景色のその先を見たいんだよね』って言ってましたけど、全然駄目でしたね。そこに行く前に負けてた…。」

 

12/17 UMB REVENGE フライヤー
12/17 UMB REVENGE フライヤー

――でも今年はまだUMB決勝最後の1枠、REVENGEがあります。

「リベンジ全然狙ってますね。リベンジで勝てたら、ダークホースになれるんじゃないかなって思ってます。その展開ってきっと面白いんじゃないかなぁ。だから面白くしたいですよね。去年も、ゼロから出て、『絶対無理だろ晋平太』みたいな感じが楽しかったし、

途中から『いや今年は晋平太だろ』ってなりつつも、R指定に負けそうになるのも楽しかった。

もし俺が仮に本戦決まっている側だとしたら、俺がリベンジでもう一回来たら嫌ですからね。そういうのは人が見ていて楽しいじゃないですか。そうしたいなぁ、勝ちたい。結構こういうのって楽しい方になると思うんですけどね。」

 

 

 

――12月17日は期待しております。最後に、今のMCバトルシーンについて思うことってありますか?

「もっと面白くなるんじゃないかなって思っています。フリースタイルの質としては上がってるかもしれないから、もっとバトルを『利用してやろう』ってやつが増えたら面白い。

そして俺はその先のフリースタイルシーン自体をもっと活性化させたいなと思っているんですよ。

今でいうとUMBが一年に一回あって、例えばそれで優勝したやつがちょっと有名になって。そしてラッパーとして半人前くらいになって終わっちゃうのかなと思うんですよ。

だったらもっと、フリースタイルシーン自体が上がればいいなと思います。

そうすれば俺だけじゃなく、みんなの価値だって上がりますからね。

あとは有名なのに『出てすげぇ』って空気がもっと流れたらいいですよね。そこの部分のプロップスというか。そういう空気をみんなで出すことが出来れば、もっと有名な人が出て、面白い事にもなると思うんですけどね。」

 

――今は有名な人が出にくい雰囲気は確かにありますね。だからこそ出ている人はすごいと思いますが。

「急に出るにしてはレベルが高すぎるっていうのもあると思う。

だけどレコーディングアーティストの意見として言わせてもらうと、フリースタイルと音源は別物だけど、…別物だけど、別じゃないんですよ。ラップという意味では一緒だし。

実際にどんなにすごい良い曲書いて、ライブで歌って…、それがもちろん一番大事な事だと思うんですけど、俺がその場の空気を掴んでやった8小節のフリースタイルの方が盛り上げる可能性もありますからね。そういう意味でも全然別物じゃないんですよね。

もしかしたら普通のHIPHOPより、ごく一般の人に伝わる可能性をフリースタイルは秘めてるかもしれないですよ。

そして俺がもう一度どっちもできるところを見せて、頑張りたいと思います。どっちもできれば最強じゃないですか。…言ってること生意気ですかね()

とにかく盛り上げたいですよね。」

 

――はい。是非盛り上げていきたいです。

「あくまでフリースタイルはHIPHOPの一側面でしかないことなのかもしれないですけど、

俺はこんなにHIPHOPを感じることは他にないですね。なのに今はシーン的に軽視されすぎていると思うから、もっとバトルシーンを無視できないようにしていけたらいいですね。

けど今でも、フリスタ.comさんや、MC正社員くんとかが出てきてすごく嬉しいし、俺も何かしたいし、みんなで協力しあってこれを盛り上げましょうよっていう気持ちですね。

もう次はMCバトルシーンに恩返ししたい。バトルだけじゃないかもしれないし、何か考えてアクションを起こせる側にもっとなっていきたいなって思いますね。」

 

 

――本日はお忙しい中ありがとうございました。今後とも晋平太さんのご活躍を期待しております。

 

 

 

 

今回のインタビューの件は晋平太さんから直接連絡を頂いて、

協力してくださることになり、実現しました。

 

そしてインタビュー当日にはSIMON JAPさんとも

同席させていただきました。

 

この場を借りてもう一度お礼を言わせていただきます、

ありがとうございます。

 

そして今回のインタビュー記事についてtwitterにてRTして頂いた方には

晋平太直筆サインをプレゼント致します。

 

抽選で大切にしてくださりそうな方2名にお送りします。

 

※プレゼントの企画は終了いたしました。

RTしてくださったみなさま、ありがとうございました。

今後もどんどん面白い企画を実現していきますので、

少しでも応援していただければ、幸いです。

 

      (2011/12/13)

 

 

 


 

 

-END-



YOUTUBE 音源紹介


 

 

 


CD・DVD 紹介


内容・客演文句なしの新アルバム。心揺さぶる何かをこの一枚からは感じ取ることが出来る。
内容・客演文句なしの新アルバム。心揺さぶる何かをこの一枚からは感じ取ることが出来る。

11/4 RELEASE ALBUM『REVENGE』

 

1. NEVER DIE pro.LAST ONE

2. MY NAME IZ ... pro. DJ WATARAI

3. 時代遅れ feat.般若 pro.IXL

4. 99.9% pro.BACHLOGIC

5. NO LOVE feat.R指定 pro.DIORI a.k.a D-ORIGINU

6. じゃぱん feat.MoNDoH pro.DJ YUTAKA

7. レミニス feat.D.D.S pro.UZK

8. YOU'R NEVER OVER pro.SHIGE FROM BUZZER BEATS

9. I'M HOME feat.BRON-K pro.DJ BA

10. INDEPENDENCE DAY feat.A-KeNT pro.YMG

11. 約束 pro.UZK

12. W.I.N W.I.N feat.OJIBAH pro.IXL

 

晋平太×ばりさんぶらんど『0.1%』

 

収録内容

晋平太が辿った軌跡を追いつつ、出場した数々のバトル、全国のMC達が優勝を夢見る「UMB2010本戦の模様、そして日本最大のブロックパーティー「BBOY PARK MC BATTLE冬の陣」から厳選された試合を収録。コメンテーターには、バトルの歴史を常に中心で見てきた「DARTHREIDER

 BBOY PARK優勝者「PONY」、UMB東京予選最強のライバル「ZONE THE DARKNESS」全国ラップ行脚で共鳴した「HIDDADY」、フリースタイルレジェンド「漢」など、シーンの最前線に立つMC達とのセッションも贅沢に収録.

 

 

 

 


MCバトル告知


12/17 UMB REVENGE

 

UMB決勝大会最後の1枠を決めるバトル。

出場MC

【しろくま/ハハノシキュウ/BIG MOOLA/ハック/CUTE/崇勲/メテオ/TKda黒ブチ/菊丸/黄猿/晋平太/DRAGON ONE/DARTHREIDER/蝦夷/RAU DEF/arare/ズールT/句潤/HENAN/オロカモノポテチ/豆汁/SoulLump/LILK/CROWN-D/TOSHI/BUCHI DA MIC/Kowree/SORA/mol53/切刃/PONY/プレ予選優勝者】

 

 

SPECIAL MATCH UP BATTLE

MCvsERONE、メシアTHEフライvsKEN THE 390RHYME BOYAvsD.D.SSKY-HIvsPONY

 

 

チケット等詳細はコチラ