ベスト4

ルール

 

●8小節4本 もしくは 16小節2本を先攻が選ぶ

●先攻にビート選択権あり


MCニガリ  vs  ACE

先攻のニガリが選んだのは般若の最低のMC。会場も支持したビートだ。

冒頭から『般若、般若、般若…、俺が狂ったのはアイツのせいだ‼︎‼︎』とサンプリングから入るラップは早い段階で会場に火をつけた。後攻のACEはサンプリングの冒頭に対して『ギドラ、ブッダ…etc はどうした?!もっとちゃんとヒップホップ勉強してこいよ!』のアンサーから、”大東京”のワードで高速フローでスキルを見せつける。2バース目はニガリが大東京のワードで高速フローライミング。サンプリングのくだりも『俺は般若さんに影響受けたからいいんだよ。”般若さん”が”ナンバーワン”!』としっかりアンサー。さらにACEのちゃんと日本語喋れ発言に対して、『俺の方が日本語喋ってるだろ。お前は”第二言語”?か知らないが俺は日本語ラップ”愛してんぞ”!』のパンチラインでがっつり上げる。関東屈指のラップスキルを持つACEはここで、引き下がるわけもなく、相手の倒せないの言葉を拾って『”倒せない”、”あどけない”、お前は俺の勝利の王道を”辿ればいい”!』のカウンターがビートとバッチリはまり、4バース終了。観客の声はニガリ優勢だったが、陪審員もいい意味で空気を読み票が割れて、延長へ。


延長戦の末勝者はMCニガリ!

延長戦の模様はUMBアプリの動画が更新され次第観てください。

NAIKA MC vs Rayzie-k

先攻のNAIKA MCはこれまでのRayzie-kのバトルでラップしている内容に言及。行動が伴ってないと痛烈に指摘。ポイントを絞って来たNAIKA MCは異様に強い。それに対するアンサーを最後までうまくできなかったRayzie-kをみる限り、NAIKA MCが巧みに自分のフィールドに引き込んだ時点で勝負あったか。

NAIKA MC決勝進出。

決勝戦

ルールはベスト4と同じ



 NAIKA MC vs MCニガリ

今年は群馬予選ではなく、覚悟を決めて東京を取りに来たNAIKA MC、群馬レペゼン。対するは先月の高校生ラップ選手会優勝者、かつての長野予選を取り戻しに来たと気を吐くMCニガリ、長野レペゼン。今年の東京予選決勝は東京をRepするMC同士ではなかった。これは東京のレベルが低いという事ではなく、それだけの激戦だったこと、そしてヤバいMCに声を上げる公平なジャッジの出来る会場だったこと、そして何よりこの2人がそれほどヤバいMCだということの証明だ。


じゃんけんに勝ったNAIKA MCは先攻を選択。そしてビートは会場の声援の後押しもあり、Street Dreams に決まる。

先攻のNAIKA MCは自己紹介のラップから入る、対するニガリは全開にビート意識したパンチラインで会場を沸かす。『不可能を可能にしにきた!』『ただの夢で終わらせてたまるかぁ!』

ここでNAIKA MCもスイッチが入る、『お前は高校生ラップ選手権獲ったな、だが俺がUMBの最後の門番、お前を先にいかすわけにはいかねーよ‼︎‼︎‼︎』『大人はこえ〜ぞ〜!』のパンチラインがバッチリ決まり、会場の空気をひっくり返す。このバトルはさらにここから盛り上がる。

『大人がこえー。間違いない。でも恐れを知らないガキがいちばん怖ぇ‼︎』『”大人がこえー”?”大人がこえー”?はっきり言って”言葉が弱えー”‼︎』しっかりと相手の言葉を返しながら自分のパンチラインに変えていくニガリのテクニックは特筆に値する。しかしそんなニガリの3バース目の『先攻を取って失敗だったな』というくだりをNAIKA MCに掻っ攫われる。

『先攻取るのは男の意地だ、背中の傷は剣士の意地だぁ‼︎‼︎』『言葉が弱ぇー?だったらここまで来てないぜ!』と、俺だって背水の陣だという熱い想いをラップにし、そこまでのニガリペースを一掃。そのバースを受けてのニガリは声を荒げながら、全力でアンサー。ヴァイブスもテクニックも半端ない。『”背水の陣”、俺も賭けてる ”マイク命”‼︎』白熱したバトルの結果は…。

まず会場はニガリに声が上がる。しかし、僅差…陪審員は…赤!MCニガリ!会場にはどよめきの混じった歓声が広がる。PUNPEE、BES、般若、鎮座DOPENESS、晋平太、DOTAMAに続いての新東京王者はMCニガリ a.k.a 赤い稲妻!NAIKA MCも本当に惜しかった!今後も語られていく名勝負だったと思います!

【MCニガリ】

Twitter


【NAIKA MC】

●Twitter