UMB2014 東京予選レポート

激戦になった東京予選をレポートします。

2010年からのここ4年間の東京予選決勝カードは、2010年「晋平太 vs アスベスト」、2011年「GOLBY vs DOTAMA」2012年「晋平太 vs アスベスト」2013年「GOLBY vs DOTAMA」という2種類の同一カードが交互かつ優勝者は晋平太とDOTAMAが2回づつ栄冠を取っている。しかし今年はその晋平太はもちろん司会のため不参加、DOTAMAは既に栃木予選で本戦行きを決めている。

ということは今年は必ず東京で新しい王者が生まれるという事。

そんな激戦をレポートしてみたいと思います。